時代の転換とイルミナティの衰退〜創価の集団ストーカーその後〜

ご無沙汰しております。

書きたい記事(構想)はあるのに文章が思うように書けず、書いては「保存」の繰り返しで、これはきちんと立て直さなければいけないと感じ、しばらくの間御言葉を学ぶことや祈りに専念しておりました。

でもこうして壁にぶつかったとき、RAPTさんは問題の答えを御言葉を通して必ず与えてくださるので、本当に感謝しかありません。

有料記事内やインスタでの動画も同様で、どれだけ助けていただき励まされたか分かりません。

出口のある本当の答えを与えてくださるのは世の中どこを探してもRAPTblogだけです。あのモヤモヤは何だったのかと思うほど、目の前が明るくなるし、力と希望が溢れてきます。

今回文章が書けなくなった根本原因には、罪の問題(サタンは罪によってきます。)があったと御言葉を聴かせていただいてはっきりと悟りました。

ネガティブになった一瞬の隙をついてサタンに罪を増幅させられたと思います。大変悔しいのですが、今回ズルズルとやられてしまい立ち上がるのに時間がかかってしまいました…。

しかし、RAPTさんが御言葉で今の霊界の状況(霊的艱難)や解決方法を伝えてくださったおかげで、自分の状況を冷静に分析して対処することができたように思います。

また十二弟子のエリカさんとの霊的なお話やサタンとの闘いについてのお話から、本当にたくさんの悟りをいただくことができました。

今回のこの壁を通して、悔い改めるべきことが悔い改められるように(自己中心、劣等感、高慢、疎外感、無知、二心etc…)、霊がきちんと成長できるように、神様が導いてくださっているのだなと感じます。

気づけることは本当に恵みです。全知全能で正しいゴールをご存知の神様から直接花嫁修行していただけているのだと思うと、それはものすごい贅沢で幸せなことですからね。

私自身このようなもがきの中にいたのですが、昨年からのRAPTさんの祝福に満ちた御言葉はもちろん、有料記事内の動画を拝見して、それはもう大きな喜びと希望、祝福をあまりにもたくさんいただいておりました。

今の時代の貴重さ

昨年暮れに神様が、これから十二弟子が立てられ、神様の歴史を継続してくださると御言葉で宣布してくださいました。(この御言葉を聞かせていただいたとき、あまりに嬉しく力が抜けて号泣していました。)

そして今、RAPTさんの元で、神様がお選びになった十二弟子の皆さんが立てられていて、昨年末には3人目の十二弟子にエリカさんが、そして今次々と決まっていて、つい最近7人目の十二弟子の方が立てられました!

これは本当に嬉しいことです。これから神様の救いの歴史がより壮大に始まるのだと思うと(もう始まっています!)熱い思いがこみ上げます。私たちにとって、どれほど大きな祝福でしょうか。

今サタンの攻撃が大変激しい時ですが、負けてなんていられません!

この「終わりの時」に立ち会いたいと切に願った過去の義人たちがどれほど多くいたことか…。

今、自分たちはどれほど貴重な時代に生きているのか、どれほど壮大なことが起きているのか。これはクリスチャンだけに関係している話ではなく、この世の全ての人に該当していることです。

6千年も昔から今の時代に至るまで、人類を愛しても愛しても裏切られ続け、それでも見捨てることなくずっと人類を愛してくださり、この義なる歴史が成就するようにと、緻密に計画して、歴史を進め、私たちを救おうと全てのことを全力でしてきてくださった神様。

私たち人類がサタンの奴隷状態から抜け出して、神様に立ち返れるようにと、地上にイエス様など時代の中心者を送り、聖書と御言葉を与え、教え、叱り、鍛え、憐んで、何千年もかけて丁寧に次元を上げながら、忍耐強く導いてきてくださいました。

そして今のこの時代(聖書の歴史の締めくくりの時代)、最後の中心者であるRAPTさんを地上に送ってくださり、サタンやイルミナティを徹底的に滅ぼす働きをしてくださったことで、昨年ついに、この地上の支配権を神様がサタンから完全に奪い取ってくださったのです。

これは人類史上かつてないことです。

またRAPTさんは、これまで人類が誰もできなかった聖書の封印を完全に解くという神業をなしてくださり、人生のことも、神様やサタンのことも、霊界や地上界のことも、この世の全てのことが「分からないことがない」というくらいの完全な御言葉を私たちに伝えてくださっています。

その上、神様の権能と力を与えられた十二弟子の皆さんが立てられるのですから、どれほど凄いことでしょうか。

何千年もの時を超えて、聖書に書かれた約束を果たしてくださろうとしている神様。私たちをずっとずっとこんなにも愛し続けてきてくださったこと、心から感謝いたします。

また、ここまでずっとサタンやイルミナティ、悪人や工作員からの激しい攻撃にも遭いながらもそれらに全て打ち勝ち、神様の歴史を命がけで守り、御心を成し続けてきてくださったRAPTさん、奈々さん、川田さん。そして新たにエリカさん。また、各地で義の条件を豊かに立て続けてくださっている十二弟子の皆さんや候補の皆さん、兄弟姉妹の皆さんに心から感謝いたします。

こんな貴重な時代が訪れていることを、今を生きる多くの人たちに知って欲しいです。

祈りの力

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-7.png

エリカさんが十二弟子として立てられたはじめた頃から、霊界が変わったと兄弟姉妹の皆さんがインスタなどで証してくださっていましたが、私もまさにそのように感じていました。

祈りが深く入るし、景色が輝いて見え、悟りも深くなったりと、明け方がとても楽しみになりました。

その頃、埼玉でも双子座流星群の流れ星が一週間に渡って見ることができました。

しかも、以前はここの河川敷の土手から東京方面を見ても、ネオンの光がこんなにはっきりと見えることはなかったのですが、不思議なことに今は「新宿」方面のビル群まで結構きれいに見えるようになりました。

新宿の都庁周辺は、RAPTさんが神様から練達された場所であり、祈りをたくさん捧げられ、また貴重な悟りをたくさん得られた場所です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-13.png
ここから東京方面を見ながら、いつも祈っています。

私も新宿都庁周辺には、何度もお祈りに行かせていただいていますが、聖霊の恵みが本当に特別です。

実は今回、霊的に苦しい状態からなかなか出られなくて、地元での祈りに限界を感じ、聖地の新宿へは頻繁にお祈りに行かせていただいていました。

都庁周辺は本当に聖霊の恵みが豊かで、まだまだ幼い次元の私ですが、悟り切れていなかったことを悟り、必要な決心を固めることができたように思います。

しかも、22日は東京駅へ急に行きたくなり、実際行ったのですが、(以前RAPTさんと奈々さんがインスタで東京駅周辺の波長が良くなったと仰られていたのを思い出しました♪詳しくはこちらです。)

RAPTさんが、日本の中心地である東京が神様の支配下になりイルミナティが滅ぼされていくと御言葉で伝えてくださった通り、東京駅や丸の内周辺でも神様のお力を強力に感じることができました。

「これから大きなことが始まる!」そうはっきりと感じることができました。

東京駅や丸の内周辺の波長が良くてとても驚きました♪

この日は丸の内周辺で、お祈りしたりお店を見たりしながら過ごしたのですが、固くなっていた心がだんだんと溶けていくようで、すっごく元気になりました。

しかも27日の御言葉では、神様はこれから全国各地も神様の支配下にしていくつもりだとお話してくださったので、もう飛び上がるほど嬉しかったです!

丸の内のビルの間から。
「花嫁」がたくさんいたのが印象的でした。きっとこれからたくさんの人が東京で伝道されていくのでしょうね。
夕方、爽やかで気持ち良かったです。

時系列で振り返ってみますと、やはりRAPTさんや奈々さん、エリカさんが東京に来て祈ってくださったタイミングで、私の霊もだんだんと回復していったように思います。

不思議なのですが、こうして文章もまた書けるようになりました。

本当に助けていただいたと思います。

神様とRAPTさんたちに心から感謝します。皆さんの活動がこれからも絶対に守られるよう強力にお祈りして参ります。

聖霊の力は絶大です。東京でこのような体験をしましたので、これから東京で伝道が進んでいくんだろうなと確信するしかありませんでした。


下のインスタは、エリカさんの霊的なお話の動画です。

エリカさんは霊的にとても敏感な方で、これまでの人生でも本当に大変な思いをして生きてこられたようです。今回東京でのサタンとの激しい戦いのお話をしてくださっていますが、サタンがいかに姑息なのかよく分かりました。エリカさん、元気になられて本当に良かったです!

続きはこちらのRAPTさんのインスタでどうぞ。

この世で善良に生きる人は極めて少ない

霊の存在を分からずして、人はまともにこの世で生きていくことはできない

エリカさんが味わったサタンの攻撃と地獄からの生還

世間の人は、霊界の存在がまるでおとぎ話であるかのようにイルミナティ(支配層)の配下のマスコミなどで巧妙に洗脳されてしまっていますが、でも事実、霊界は存在しています。

霊界や霊のことを知らずに生活するのって、すごく無防備で怖いことなんです。

詳しくはこちらのRAPTblog記事をご覧ください。

創価の集団ストーカーのその後

それから他にも、RAPTさんたちが東京で祈ってくださったタイミングで、創価の集団ストーカーの実行部隊である教宣部、広宣部の元トップだった佐藤浩が失脚したとのニュースが出たようです。

RAPTさんはこれまで創価学会の集団ストーカーに遭われてきたのですが、その連中を送り込んだ核心人物が失脚したというわけです。

間違いなく神様が裁いてくださったのでしょう。

皆さんのお祈りの力凄いです!

詳しくは、こちらのインスタでご確認ください。

じつは私も集団ストーカー被害について、皆さんの祈りの力の凄さを肌身で実感していたところでした。

以前、このブログでも創価の集団ストーカー被害のことについて書かせていただいたことがありましたが、(詳しくはこちらです。)この河川敷や土手であんなにも遭遇していたストーカー連中が、昨年の年末にはすっかり来なくなったのです。

創価のストーカーと警察沙汰になって以降、嫌がらせは減ってはいたのですが(※この時点でストーカーと警察はグルだといってるようなものですよね。)、それでもまだ2019年の時点では、ストーカーらしき車による嫌がらせが続いているという現状がありました。

しかし昨年(2020年)、私が祈ってるエリアに入っていく道が新しく開通したことによって、その道に入っていくためには、狭い車幅制限のポールの間を通らなくてはいけない状況が生まれ(私の車は軽自動車の中でも小さめです。)ストーカーらしき怪しい車(大抵普通車か大きめの車)が、お祈りのエリアに入ってくることが、物理的に難しくなったのです。

下の写真がその現場です。

車間制限のポールの向こうに、お祈りしているエリアがあります。小さめの軽自動車が通るのにやっとな幅。

そして昨年、御言葉で「これ以上、中心者の成す御心が妨害されることがないよう、皆で心一つにして集団ストーカーの滅び、創価の滅び、イルミナティの滅びを祈りなさい。」と宣布してくださった頃から、改造バイクに乗った創価のストーカーらしき連中すらも来なくなり、年末(2020年末)には、この場所でストーカーと遭遇することがほぼなくなったのです。

神様はずっと「年内中」に滅ぼすつもりで祈りなさいと仰ってくださっていましたが、まさに年内中でした。皆さんのお力のおこぼれをいただきました。(まだまだ完全に滅ぶまでは気は抜けません。)

よくよく考えてみますと、11月と12月は神様の歴史が継続するかどうかという時期で、祈りがとても大事な時期だったのですが、ストーカーに一切邪魔されることなく明け方のお祈りを守り通すことができたのです。

神様が守ってくださったのだと思います。

本当に生きてることすべて、心も体も霊魂も、信仰や恵みも何もかも、神様、御子様、聖霊様、RAPTさん、十二弟子の皆さんと候補の皆さん、兄弟姉妹の皆さんに支えら守られているんだと強く感じています。

何一つとして自分の力で保たれているものはない。そう思います。(私はすぐに思い上がるので、このことをいつも忘れないようにしたいです。)

皆さんには心から感謝するばかりです。本当にありがとうございます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

正直いいますと、集団ストーカー被害に気づいたときは少し落ち込んだりもしました。連日嫌がらせをされて祈りが邪魔されたりもしたので、神様を一瞬ですが疑いそうになったこともありました。

しかしこの経験があったからこそ、神様にすがりついて心から祈ることができたように思いますし、神様が仰っていた通り本当に守ってくださったので、むしろ以前より信仰が強くなったと思います。

またRAPTさんが堂々と集団ストーカーに立ち向かい情報拡散されている姿を拝見して大変勇気をいただき、私もこの被害をほんの少しですが情報拡散に役立てることができたのです。

集団ストーカーなんてこんな異常なことが、隠されたままでいいわけがありませんからね。

「最後までやるから意味が分かる。」

どんなことがあってもこの御言葉を忘れてはいけないなと改めて思いました。

本当に神様のお導きは人間の想像を絶します。どこまでも正義のお方です。

RAPT有料記事394(2019年8月3日)主は全てのことを愛で行い、意味があって行っておられる。だから、どんなことがあっても主の愛を疑うことなく、義を貫き通しなさい。

創価学会の滅び

もちろんストーカーだけでなく、創価学会そのものや創価の企業が次々と裁かれています。

これまで警察に悪事を揉み消してもらっていた創価企業のスーパーゼネコンが、イルミナティ同士の抗争でお互いに潰しあい、悪事が揉み消せなくなってきているようです。(※創価のゼネコンは警察幹部の天下り先のようです。)

詳しくはこちらのインスタでどうぞ。

私は幼い頃、創価学会に入信した実家の家族が不幸のどん底に落ちていく姿を見ていたので、彼らが当たり前のように政党を作り政治を動かしていることにずっと嫌悪感を抱いて生きてきました。なんでこんなことがまかり通っているのだろうかと。。

RAPT blogに出会い、支配層であるイルミナティや創価学会が世の中を牛耳り、世界中で悪事のかぎりを尽くしていることを知り、世の中おかしくなって当然だと思いました。

RAPTさんは、創価学会は霊的な観点から見てもサタンそのものであると教えてくださいました。実家のこともあったので、それはもう本当に納得しました。

創価の幹部などのイルミナティは、霊界の存在や霊界についての知識を庶民には信じさせないように情報操作したり、ひた隠しにしたりしながら、裏では幼児の生贄儀式などを行っている悪魔崇拝者です。悪魔を熱心に拝むことで悪魔を召喚し、悪魔から知恵や力をもらって、この世を支配してきたのです。

●「霊界」という奥義について。悪魔崇拝者たちは「霊界」の存在をひたすら我々一般庶民に隠してきました。

悪魔とは空想の産物ではなく、架空の存在でもありません。悪魔崇拝者たちはそんな非現実的なものを拝む連中ではありません。

生贄儀式をしていない創価の一般信者であったとしても、「法華経」自体が悪魔(サタン)を呼び寄せる呪文であるため、彼らが「法華経」を熱心に唱えれば唱えるほど、悪魔がこの地上にたくさん降臨していたというわけです。

だから創価学会が栄えれば栄るほど、悪が蔓延るおかしな世の中になって当然だったのです。

詳しくはこちらのRAPTblogをお読みください。

仏教の「お経」や「真言」が悪魔を召喚するための呪文であり、仏教が悪魔教であるという確たる証拠。

でも今そんな創価学会が、神様を信じるRAPTさんや義人たちの祈りや情報拡散によって、実際に滅びはじめています。

RAPTさんもおっしゃっていましたが、こんなにも巨大な組織の創価学会が急激に衰え滅びはじめるなんて、ひと昔前では絶対に考えられないことでした。

事実、神様が「これから本格的に時代が転換する」と御言葉で伝えてくださった5日後、本当に安倍晋三(在日の李家)が辞任し、それ以降、勢いを増してイルミナティや創価学会が衰えはじめているのです。

こちらは一部ですが、皆さんが調べてくださった記事をお借りしてリストにしたものになります。やはりRAPTさんや義人たちへ激しく言論弾圧してきた創価企業が目立ちます。明らかに神様が裁いてくださっていますね。

  1. 安倍晋三が辞任。
  2. 日本会議の生みの親で生長の家の「村上正邦」が死去。(※生長の家は大本教や創価学会と一体。政教分離違反を堂々としていた人物。➡️関連記事
  3. 元日本郵政社長の西川善文が死去。(三井住友銀行トップ時代、創価学会から多額の支援。郵政民政化に尽力。竹中平蔵とズブズブ。)➡︎関連記事
  4. がん利権の重鎮・杉村隆が死去。(国立がんセンター名誉総長)
  5. 日本会議の代表委員でオイスカの中野良子が死去。➡️関連記事
  6. ジャパンライフの山口隆祥元会長や幹部ら14人を詐欺の疑いで逮捕へ。(ジャパンライフは安倍晋三と安倍明恵とズブズブの関係。)➡️関連記事
  7. 創価企業ジャニーズの没落。➡️関連記事
  8. 芸能人の自殺増加。(李家の内部争い・見せしめ殺人・生贄儀式の可能性大。)➡️関連記事関連記事2
  9. 創価学会の関連組織「Qアノン」が内部分裂。(目覚めた庶民を誤誘導する役割の創価の組織)➡️関連記事
  10. 創価企業のGoogleが独占禁止法違反の疑いで提訴。➡︎関連記事
  11. 大阪都構想が頓挫。松井一郎引退へ。(麻生太郎案件。)➡︎関連記事
  12. 創価企業の電通、営業利益半減。➡︎関連記事
  13. 『小柴昌俊』死去。(アインシュタインの相対性理論という嘘を守る為に、ニュートリノという存在しない粒子をでっち上げた悪人。)➡︎関連記事
  14. 創価企業のエイベックスが業績悪化。➡︎関連記事
  15. 創価学会の重鎮「東映・岡田裕介」死亡。➡︎関連記事
  16. 創価企業のドン・キホーテ前社長に株の不正取引で強制捜査。➡︎関連記事
  17. 創価企業のGoogleとFacebookを米連邦取引委員会が独禁法で提訴の準備。➡︎関連記事
  18. 「美輪明宏」霊感なくなる。(悪魔ルシファーを崇めていた美輪明宏。RAPTさんは以前ルシファーが一線を退いたということを有料記事の中でお話されていました。)➡︎関連記事
  19. 創価企業のFacebook、独占禁止法違反を米連邦取引委員会が主張。➡︎関連記事
  20. 創価企業のGAFA、EUで締め上げの動きがより活発。➡︎関連記事
  21. 米で30を超える州で創価企業のGoogleに対し独禁法等で提訴へ。➡︎関連記事
  22. 創価信者の落語家「林家こん平」死亡。➡︎関連記事
  23. 創価企業のエイベックスが本社ビル売却を発表。➡︎関連記事
  24. 安倍晋三を擁護していた検察が叩かれる。(安倍人脈)➡︎関連記事
  25. 創価学会と中共のパイプ役だった二階幹事長に批判集中。➡︎関連記事
  26. 創価信者の中田敦彦・福田萌夫妻がシンガポールに移住。(中田と福田家はRAPT氏に集団ストーカーを送り込んだ核心犯でもあります。)➡︎関連記事
  27. 在日「朴家」終焉。➡︎関連記事
  28. 「ベンジャミンロスチャイルド」死亡。➡︎関連記事
  29. サムスントップ「李在鎔」逮捕。懲役2年6月の実刑判決。(李家=創価)➡︎関連記事
  30. 創価企業の電通、ビル売却を検討。➡︎関連記事
  31. オーストラリアで創価企業のGoogle検索サービス停止。➡︎関連記事
  32. 米民主党議員グループが創価企業のTwitter、Facebook、YouTubeにアルゴリズムの変更を要求。➡︎関連記事
  33. 創価企業のGoogle、内部分裂問題が発覚。➡︎関連記事
  34. 米Google(創価学会USAが大株主)に対して、本格的に規制の運営が開始。➡︎関連記事
  35. テレビ業界のオフィス売却、移転、規模の縮小等が相次ぐ。➡︎関連記事
  36. 創価企業の電通、過去最大の赤字。➡︎関連記事
  37. 集団ストーカーの実行部隊の元トップ「佐藤浩」が失脚。(創価の教宣部・広宣部の元トップ)➡︎関連記事
  38. 創価学会と中共のパイプ役の二階、体調不良。➡︎関連記事
  39. 創価企業Googleのゲーム開発する社内部門「Stadia Games & Entertainment」が閉鎖。➡︎関連記事
  40. 創価信者の オリラジ中田敦彦引退。レギュラー番組も全て降板。(中田と福田家はRAPT氏に集団ストーカーを送り込んだ核心犯でもあります。)➡︎関連記事
  41. リニア中央新幹線工事をめぐる大手ゼネコン4社の談合事件で、創価企業の大成建設と鹿島建設の幹部が有罪判決。➡︎関連記事

これは今まさに神様の歴史が大きく動きはじめている証拠であり、義なる世界へ時代が転換している証拠ではないでしょうか。

本当に奇跡が起きています!

正しいことが知れることの幸い

RAPTさんが歩き祈りを教えてくださった昨年11月、私もすぐに歩き祈りを始めたのですが、有難いことにそのタイミングで、土手の上の砂利道が全面舗装されて歩きやすい環境が整いました。

この道を歩いていると、平らな道を歩けるのって本当に幸いだなと思うことがあります。

RAPTさんは、神様からの25年間の練達期間は血の滲むような険しい道だったと教えてくださいました。それは普通の人では絶対に耐え切れないような壮絶さだったと仰いました。すべては救いのためでした。

答えのない中で、どうしたらサタンに打ち勝ち神様に近づけるのかと必死にもがき、その命がけの茨の道で神様に祈り求めて悟られてきたことを、RAPTさんは本当に惜しみなく私たちに伝えてくださっています。

これはどれほどの愛か。

上の方でも書きましたが、私はこれまで御言葉にどれほど救われたか分かりません。

RAPTさんの練達期間の詳しいお話がなかったら、サタンに何の対抗もできず、やりたい放題やられて絶望し、今頃どうなっていたか分かりません。。。

こんなにも神様のことを知れて、霊も身体も心も豊かに守っていただき、平安と喜びに溢れて生きれられるようになるなんてこと、絶対になかったはずです。

私は霊は見えませんが、悪霊やサタンがくると胸やお腹のあたりに圧迫感が出たり、ネガティブな考えが浮かび、心が苦しくなります。身体がピリピリと痛くなる時もあり、場合によっては自分の霊が震えるのを感じたりもします。

でも聖霊がくるとそれらの苦しさが消え去り、心や霊が喜びや愛で満たされます。視野が広がり物事がシンプルに考えられるようになります。だから自然と希望が湧いて、心が平和になるし、自分の人生が上手くいくと思えるようになります。

御言葉に従って生きる前は、限界にぶつかってはすぐに逃げて、心の中にあるドロドロやモヤモヤといった苦しさをどう解消していいのかも分からず、常に不安と心配や悩みを抱えながら生きてきました。

原因が分からないから、ただ声にならない苦しみを心の奥へ押し込んで、「自分はダメだ」と思い込み、停滞したままの空っぽの人生を送っていたのです。

希望もないし、成長する喜びも感動もすっかり忘れて。

この記事を読んでくださっている方の中にも、モヤモヤを抱えているという方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

私は、幼い頃に苦しみ悶える実母の姿を見ていたこともあり、人の心の苦しみはどうしたら取り除けるのだろうかとずっと答えを探し求めて生きてきました。

欲望を満たしてもなくならない、母のように精神薬やカルトに頼っても拭い切れない、人間の抱える苦しみの正体とは何なのか。。。

御言葉にはそのすべての答えが詰まりに詰まっていたのです。

学校も親も友達もマスコミも、誰も教えてくれなかったことでした。

正しい答えを教えてもらえるということは、本当に救いです。

罪の苦しみ(サタンからの苦しみ)から抜け出した時の湧き上がる喜びや心の平安は、言葉では言い尽くせないものがあります。

もちろん御言葉に出会ってからも、まったく大変なことが起きないというわけではないのですが、でも御言葉や悟りから必ず答えがもらえるし、実際に解決もしていくので、真から希望が湧いてきます。壁さえ成長のための糧になるから感謝や感動が溢れるしかないんです。

神様とRAPTさんが命がけで切り開き、歩きやすく整備してくださった道を、何者でもない私が行かせていただいているということ。本来なら絶対に知ることが出来ない本物の真理、御言葉が聴けるということはものすごい奇跡です。

こちらのRAPTblogもぜひ。

 RAPT有料記事284(2018年6月11日)我々人間がこの世に生まれてきた目的は、霊魂の救いと成長のためだ。

朝の祈り会・有料記事の購入案内は、有料記事内にあります。下記にも貼り付けておきます。

朝の祈り会、および有料記事のパスワードのご購入

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サタンの攻撃に負けずに御心を成し続けてくださっている兄弟姉妹の皆さんに心から感謝いたします。インスタやTwitterなどを見ていつも励まされています。本当にありがとうございます。

今サタンの攻撃が激しい時ですが、RAPTさん、奈々さん、川田さん、エリカさん、十二弟子の皆さんと十二弟子候補の皆さん、兄弟姉妹の霊肉魂が、サタンや人間サタンからの攻撃から完全に守られるよう強力にお祈りして参ります。

●兄弟姉妹が役割を見つけて果たせるように祈ることの大切さについての御言葉です。信仰者はひとりではないということ。

(2018年6月17日朝会)自分が主の体の一部であり、自分が活躍することで、他の兄弟姉妹がいずれ何らかの恩恵を受けることを理解し、その上で自分の行くべき道を行きなさい。

●サタンのよく使う手口「疎外感」についての御言葉です。何があっても最後まで諦めないために。

RAPT有料記事290(2018年7月2日)神様の愛が感じられないときに疎外感を抱いて心いじけることなく、最後まで神様を愛して、神様の愛をサタンから奪い取りなさい。

●RAPTさんが25年間の練達の期間、どのような心情でお祈りされてきたのかお話してくださっている御言葉です。(練達期間の貴重なお話です。)

(2017年12月24日)主と同じ愛の心情をもった祈りが最も優先的に叶えられる。(サタンに妨害されずに深く祈るための御言葉。)

十二弟子や兄弟姉妹がそれぞれの使命をちきんと見つけ最後まで果たせますように。

神様の歴史が完全に成就して、御心が壮大に成されていきますように。

日本が本物のクリスチャンで溢れかえりますように。

多くの人が救われて、神様の愛になれますように。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です