コロナパンデミックは茶番です。

RAPT理論によってコロナパンデミックが上級国民たちによるヤラセだということがバレました。
小池知事、本音だとこんな感じになるのではないでしょうか。

世界は今、コロナパンデミックによって、今まで経験したことがないほどの混乱に包まれています。

これまで、世の中の動きや政治に興味がなかった人も、自分の悩みだけで精一杯だった人も、忙しくて考える時間がなかった人も、世の中の出来事、この先のことを真剣に考えざるを得ない状況になってきました。

不安や心配に押し潰されそうになっている方、とても多くいらっしゃると思います。

私もRAPTブログに出会っていなければ、今ごろ不安と心配に包まれて絶望していたに違いありません。

この世の本当のカラクリを知らずに生きていたからです。

今、マスコミは本当にひどい嘘を垂れ流しています。

そんな中、真実だけを発信してくださっている「RAPTブログ」や「KAWATAとNANAのRAPT理論」は、どれほど貴重な存在でしょうか。

「本当は今、世界や日本で何が起きているのか」

「命を守るにはどうしたらいいのか」

「真実と嘘をどう見分けたらいいのか」

「これから先、どう生きるのが正解なのか」

RAPTさんたちは、これらの答えを、理路整然とした根拠をもって伝えてくださっています。

ただひたすら「人を救いたい」というまっすぐな思いで。

私もそうですが、「RAPTブログ」や「KAWATAとNANAのRAPT理論」によって、イルミナティの洗脳から出てこれた多くの人たちは、不安や心配を吹き飛ばしています。

真実は人に力を与えてくれます。

これ以上、世の中が間違った方向にいくことがないようにするためにも、もっともっと多くの人がRAPT理論や、RAPTさんの伝えてくださっている真実の言葉に耳を傾けるべき時がきていると強く感じています。

今日は、そんなRAPTさんが登場する「KAWATAとNANAのRAPT理論」チャンネル、コロナ・パンデミックを完全解明してくださった動画をもとに、コロナパンデミックの茶番について、お話をさせていただけたらと思っています。また3.11についても触れたいと考えています。

最後までお付き合いしていただければ幸いです。


9年前、

東日本大震災当時、(私は埼玉で被災しました)

津波や原発事故の映像をTVで見て

「何でこんなことが起きるの?」

と、恐ろしさと同時に絶望したことがありました。

とにかく真相が知りたかった。

分からないことが何より恐怖でした。

やがて、RAPTブログと出会い、その全ての真相を知ることができました。

3.11は、イルミナティによって人為的に起こされていたということ、しかも、何もかもが茶番だったということも。

彼らは人工地震を起こして津波で人を殺し、建物を破壊して、その土地を強奪していたのです。

あまりに冷酷非道です。

こちらのRAPTブログ記事にてご確認ください。

また、福島原発事故をわざと起こし、人々を恐怖に陥れ、周辺を閉鎖して人を追い出し、やはり福島周辺の土地も強奪していました。

さらに、放射能が嘘だということもRAPT理論ではっきりと知ることができました。

原発は存在せず、原発の仰々しい建物はただのハリボテで、中身は塩水発電などの施設であるということ。

放射能汚染は、ただの演出にすぎなかったのです。(※ガイガーカウンターは、電磁波等に反応するいい加減な代物でした。)

まさかこんな大きな嘘を、国が世界と連携してついていたなんて、まったく想像もできませんでした。

『放射能は危険』

これ自体、大嘘だったのです。

本当に酷すぎます。

原発も放射能も存在していないという事実。

(※相対性理論もノーベル賞も詐欺のための嘘でした)

詳しくは、こちらのKawata no Brogにてご確認ください。

確かに、この事実を飲み込むまでに少し時間はかかりましたが、RAPTさんの書かれている記事はどこまでも筋が通っていましたので、自然と理解することができました。

原発村に漂うあのなんとも胡散臭い雰囲気の意味も「詐欺」と考えれば凄く腑に落ちましたし。

ごちゃごちゃしていた頭がスッキリとして、余計な心配をする必要がなくなったので、とても嬉しかったです。

やがて、時間経過とともに、RAPTさんの記事がことごとく真実だったということが、様々な場面で証明されていきました。

決定的だったのが、あの危険だったはずの福島に「遷都」の話が持ち上がっていたことです!

RAPTさんが以前から予測していた「福島遷都」の話がついにニュースの記事に!!
「KAWATAとNANAのRAPT理論」の動画より。このあとご紹介させていただきます。

本当に放射能が危険なら、こんな話すら出ませんよね。

他の誰より自分のことがかわいいイルミナティが、危険な環境に拠点を置くはずがありませんから。

この報道によって、RAPTブログがどこまでも正しかったことがよりはっきりと証明されました。

ニュース記事は以下になります。

人の命も人生もすべて奪っておきながら、『遷都の経済効果は膨大です』って、よく言えたものです。

下の画像は、「福島遷都」のことを予測した実際のRAPTブログの記事になります。

RAPTブログのリンクはこちら
画像はこちらからお借りしました。

RAPTさんが暴いてくださらなければ、この巨悪は隠れたままでした。

しかし、明るみになった今、この福島遷都の計画が進めば進むほど、天皇家(李家)や政府が土地強奪をしたという事実がどんどん世間に広まっていくことになります。

無念な思いをした民衆の怒りはどれほどのものになるでしょうか。

許されるわけがありませんね。

イルミナティは墓穴堀りました。

しかし、驚いたのはこれだけではありませんでした。

こちらも「KAWATAとNANAのRAPT理論」の動画からですが

人を追い出すほど危険だったはずの「福島」で、「スマートシティ化計画」がすでに始動していたのです!

え?放射能は? 半減期は?

帰還困難区域や原発の周辺もスマートシティ化の計画に入っているそうです。おかしいでしょ!
計画がしっかり練られてます。

放射能は危険じゃないし、国ぐるみ(天皇家、政府、マスコミ全員グル)で人工地震と原発事故を起こして、住民を虐殺し土地強奪したということです。

寸分の狂いもなく、RAPTさんが予測された通りです。

こちらも福島遷都と同様に、計画が進めば進むほど、虐殺犯の顔ぶれが世間に宣伝されていくことになるでしょう。

彼らの悪事がより広く知れ渡りますね。

そして、

今回のコロナパンデミック。

やはり、全く同じ構図だったことが「KAWATAとNANAのRAPT理論」で判明しました。

(詳しくは後ほど)

嘘しか言わないマスコミについて

コロナの話の前に、ちょっとマスコミについてお話しさせてください。

マスコミや政府、著名人から発信される「情報」のほとんどは、「嘘」だらけで「悪意」に満ちているということ。

これをきちんと理解しておく必要があるかと思います。

TVやマスコミなどで活躍している著名人(政治家・芸能人・専門家・知識人・文化人・経済人・有名YouTube)は、庶民を「洗脳」したり「世論誘導」するために存在している上級国民たちであることが、RAPT理論で暴かれています。

そのような血筋でないと活躍できない仕組みになっているのです。

詳しくは、以下のRAPT理論を拡散されている方々が見つけてくださった「有名人のそっくりさんシリーズ」にてご確認ください。

当然、そんな大手メディアから発信される情報は、支配層にとって都合のいいものばかり。

日本人のための情報など流すわけがありません。

また、住所を見てもマスコミそのものが在日と一体の組織であることが分かります。

RAPTブログ 人生を駄目にしたくなければテレビは見るな。テレビに関わるな。 より転載

かつて朝鮮には、国民から何もかも搾取するひどい身分制度がしかれた李氏朝鮮という国がありましたが、その李氏朝鮮の王族の末裔が、あの安倍晋三や麻生太郎だったのです。

詳しくはこちらの「KAWATAとNANAのRAPT理論」チャンネルをご覧ください。

また「李家」は、朝鮮半島などを経由して日本に渡ってきたユダヤ人でもあります。(「李家」は、イルミナティ13血流のうちのひとつです。詳しくはこちら。)

詳しくは同じくこちらの動画にてご確認ください。

日本政府が日本人のための政治をやらないわけです。

もちろん、マスコミも同じです。

マスコミは、『李家=上級国民』が、日本人からありとあらゆるものを搾取するため、あるいは日本を乗っ取るために存在している『洗脳機関』だといえます。

また、イルミナティの連中は、日本だけでなく世界各国の政府・国際組織・マスコミ・芸能界・経済界など、各分野の重要ポストに、自分たちの血縁者を配置し、ユダヤ人だけが支配する世界をつくろうと、長い月日をかけて工作してきました。

なので、一見、何の関係も無さそうな人物・組織・企業のトップ同士が、実は血縁関係で繋がっていたり、裏でグル(大本教・生長の家関係者)であったりということが、ほとんどなわけです。

つまり、世界中のマスコミや要人が申し合わせた上で、同じようなフェイクニュースを流すなら、世界中の国民を一斉に騙して、壮大な詐欺を働くことも可能ということ。

そして、今回のコロナパンデミックでも…

思いっきり茶番です↓

マネキンまで登場。

病院がコロナ感染者で溢れているところを報道したかったようですが、
どう見ても使い回しのフェイク。
現実は、世界中の病院はガラガラであることが判明しています。詳しくはこちら。

「まさか国や政府がそんな悪いことするわけない」とか「マスコミや有名人が言っていたから間違いないだろう」というのは大きな間違いです。

イルミナティであるユダヤ人たちは、私たち庶民を裏で『ゴイム(家畜=豚など)』と蔑んで、苦しめることを「あえて」行っているカルト思想の持ち主です。

それもトップになればなるほど極悪人というおまけ付き。

ユダヤ人たちの本性が分かる資料はこちら。(※目が覚めます)

RAPTブログより以下です。

『世界革命行動計画』 https://rapt-neo.com/?p=8663

『シオンの議定書』http://rapt-neo.com/?p=11777

『タルムード』はこちらのツイートからご確認ください。

RAPTさんは、イルミナティ・悪魔崇拝者たちの存在が決して架空の話ではないということを、様々な角度から根拠と証拠をもって、世の中にはっきりと示してくださいました。

普通の人なら気が狂ってしまいそうな悪を平気でできるのは、彼らが普段から幼児を生贄にし、その肉を食べるような儀式を行っている悪魔崇拝者たちだからです。

存在していない放射能による国家ぐるみの詐欺、癌利権による癌の捏造、ケムトレイルによる気象操作、ワクチンによる病気の捏造、人工地震、人工災害、茶番の戦争や紛争・・・これらを引き起こしていたのも、上級国民であるユダヤ人たちであり、彼らが世の中を牛耳っているのです。

つまり、マスコミや政府、芸能人・著名人のいうことを鵜呑みにするのは「大変危険」だということ。

笑顔の裏に隠された有名人たちの「悪質性」を理解しておくことが大事です。

※ネット上も同様に、ランサーズなどの政府とズブズブのネット工作企業によって言論統制がされています。Twitter社も安倍とズブズブです。しかしそのようなことをやっても、今の時代ネット民は工作に敏感なのですぐにバレます(詳しくは下記の動画でご確認を。)

本題に入ります。(前置き長くてすみません💦)

コロナウイルスの正体は

ただのインフルエンザです。

「危険でないものをまるで危険であるかのように捏造して詐欺を働く」

RAPT理論で暴かれたイルミナティの手口を総結集したようなカラクリだったわけです。

こちらが今回のコロナパンデミックについて完全解明された「KAWATAとNANAのRAPT理論」の動画になります。

コロナパンデミックを計画した犯人やその目的まで完全解明してくださっています。どうぞじっくりご覧ください!!

https://youtu.be/iEEsmyGPKEs

コロナパンデミックは、完全にやらせでした。

ただのインフルエンザなどを、未知のコロナウィルスだと偽り、アビガン等の毒物を処方して重症感染者を捏造。(※アビガンの副作用が肺炎)

嘘のパンデミックを引き起こし、自粛要請により経済破綻を引き起こして企業やお店を買い叩く。首都封鎖して人を追い出したあと、土地を強奪。

世界各国の奪った土地でスマートシティ化をはかり、上級国民だけの楽園を目指す、

カルト大本教の世界支配計画

以下のKawata no Brogの記事にも詳細の解説がありますので、ぜひご覧になって見てください!

〜追記〜

※現在、大本教の思想を引き継いでいるのは創価学会で、コロナパンデミックの実行犯です。(詳しくはこちらです。)

http://kawata2018.com/2020-04-12/

2014年からはじまったRAPTブログ。そこで解かれたあらゆる真相が本当に見事に繋がっていきました。

まさに神業です。

RAPTさんが解いてくださらなければ、私たちはこのパンデミックの全貌を知ることは絶対にできなかったでしょう。

命がけで届けてくださったRAPTさん、KAWATAさん、NANAに心から感謝いたします。

この真実は必ず世界に大きく広がっていくだろうと思います。

とても貴重な動画です

そして、RAPTさんたちのこの偉業はこれからもっと高く評価されて、必ず後世に伝えられていくはずです。

リアルタイムで見させていただいた幸いに心から感謝いたしますm(_ _)m

コロナに怯えたり、活動を自粛して、ステイホームするなんて本当にバカバカしいですね。

自粛要請は殺人行為

政府は、自粛要請をさっさとやめるべきです。

コロナパンデミックは捏造なのに、政府は国民に活動自粛をほぼ強制しておきながら、保証は出さないという横暴ぶり。

しかも、こんなときに光熱費の値上げまでしています。(電気会社は支払い延期を設けたようですが、ただのパフォーマンスにか思えません。)

政府もあちら側の企業も、国民を殺しにかかってきているのは明白。

(※ちなみにイルミナティ企業は計画を知る立場にあるので内部留保を溜め込んでいます。詳しくはこちら。)

上の動画で解明されていましたように、上級国民である大本教関係の連中は、多くの店舗や企業が潰れて安く買い叩けるようになるのを待っていますし、首都封鎖して土地を強奪のうえ、スマートシティ化を目論んでいます。

しかし、早い段階でRAPTさんたちに計画を完全に見破られてしまったので、やりにくいでしょうね。もうバレバレです。

国民の命を守るふりをしている政府は「このタイミングで」以下のことをしています。本当にひどい奴ら…。

  • 電気料金値上げ (電気会社・計10社)
  • 国民保険料引き上げ
  • 後期高齢者医療値上げ
  • レジ袋有料化
  • 種苗法改正
  • 日米FTA第ニ次交渉
  • スーパーシティ法案(スマートシティ・国家戦略特区改正案)
  • 水道水、水質緩和 (低下)
  • 食品の原産国表示を緩和
  • 70歳就業法 年度開始75歳法案
  • 大企業に一千億出資案
  • IMFに血税寄付
  • 自衛隊の次期戦闘機の海外輸出案3月に議論
  • 検察官の定年延長(役職人事に内閣府が介入)
  • アベノマスクに466億円無駄遣い
  • GO TO キャンペーンに 1.7兆円(利権絡み)
  • 国民生活安定緊急措置法(政府がマスク買い占め)
  • コロナ政策批判チェックに24億(言論弾圧)
  • 憲法改正の議論
  • 旧皇族の身分復帰の議論

これを見れば、自粛要請が国民の命を守るのが目的ではなく、国民を弱らせるため、全てを奪うためにされてることは明らかです。

日本人、、、もうほんとに気がついて!

復興税の数字に隠されていた悪魔の意味

悪魔崇拝者たちは、自分たちの起こした災害や事件・事故等に関わる日付や数字に、やたら意味を込めたがります。

で、気になったのが、東日本大震災の復興のために徴収されている『復興特別所得税』数字です。

『復興特別所得税』の「所得税」にかかる「徴収年数」「税率」数字をよく見ると・・・※緑の○のところです。

復興特別所得税 Wikipediaより転載

『平成25年から25年間、税額に2.1%上乗せする』とあります。

➡️『25』と『21』が使われていますね。しかも2.1って狙ったとしか思えない中途半端な数字…。

悪魔崇拝者にとって『25』という数字は、「生贄」を表し、(詳しくはこちら。

21』という数字は、「統一」を表します。(詳しくはこちらこちら。)

つまり、『復興特別所得税』には、『統一政府のための生贄』といった意味が込められているということになります。

しかも、『税の使途は被災地に限定』とありますので、この血税はユダヤ人たちが人工地震で奪った土地で展開しようとしているスマートシティ化計画に使われる可能性が高いわけです。

腐りきってます。

本当に許せません。

とにかく、彼らの滅びを強く祈ります。

芸能人を使った自粛ムード作り

悪政をする安倍政権に対し、当然ながら国民からは批判の声が出ています。

それに対し、芸能人は「政府に文句を言うな」と、一斉にプロパガンダを開始。

マスコミは、「外に出るのは非国民」「マスクをしないのは非国民」などといった同調圧力をかけるようなムードづくり。

まるで戦前にタイムスリップしたような気持ち悪さです。

パンデミックは茶番だと知ってるクセに、ろくでもない連中ですね。

で、これに加担している芸能人の面々をよく見てみると、GACKT、YOSHIKI、スガシカオ、山下達郎・・・👇

やっぱり。見事なまでに上級国民&カルト大本教や生長の家の仲間たちでした👇

●GACKT・・・・大清国最後の皇帝・愛新覚羅溥儀(満州)の子孫。詳細。

●YOSHIKI・・・香淳皇后の子孫。島津家の血筋。はじめしゃちょーと兄弟か。詳細

●スガシカオ・・本名が「孔子著の四文字熟語から出典」、「月」のつく作品名複数。➡️李家。詳細

●山下達郎・・・生長の家の信者。妻の竹内まりやも生長の家。詳細

「KAWATAとNANAのRAPT理論」の動画の中でYOSHIKIのツイートが取り上げられていましたが、彼らのような芸能人たちのツイートは、情報収集能力に乏しいB層に悪影響を与えてしまっているようなのです。

TVやマスコミ、芸能人や有名人(専門家も)の情報を信じきってしまうのは、大変危険です。

彼らの嘘を鵜呑みにしてしまうなら、自分たちの首を閉めることになります。

自粛が長引けば、経済が破綻し、多くの国民が餓死または自殺することは明白だからです。

コロナはただのインフルエンザです。

私はマスクしないで毎日外に出ていますが、全然問題ないです。

近くの公園では、学生たちが集団でマスクせずに元気良くバスケットボールの練習に励んでいるし、自粛しないで頑張ってるカフェは、むしろ人が集まり結構混んでいたりします。

結構、みんな気がついて来てますね😊

インフルエンザ死者数の方が多いという矛盾

数字を見てください。

348人→日本の新型コロナの死者 (4/27現在)

3325人→昨年のインフルエンザによる死者

ちなみに・・・

嘘のコロナの死者数は、インフルよりも、交通事故よりも、お餅よりも、ずっと少ないのです。

それで自粛要請して、経済破綻で命を絶つ人が増えてしまうなんて、どれだけ馬鹿げた話でしょうか。

インフルエンザが流行ったからって、交通事故に合うからって、これまで外出自粛なんてしませんでしたよね。

しつこいようですが、コロナはインフルエンザか風邪のようなもの。

外出自粛するなんて、まったく馬鹿げた話なのです。

危険なのはコロナではなくて、経済破綻です。

気がついた人から、マスクを外して、外に出て、おいしい空気を吸って、どこへでも出かけましょう。

コロナ死者・感染者捏造の具体例

🔴病院がコロナ感染者を捏造すると県から支援金がもらえるようです↓

🔴アメリカの医師がコロナウイルスによる死亡者の水増しを厚生省に指導されたことを告発↓

https://twitter.com/butagolira1995/status/1252415712498315264?s=20

🔴PCR検査はインフルエンザ等のウイルスでもコロナ陽性反応↓


〜追記〜

※大本教の思想を引き継いでいるのは創価学会です。

嘘のコロナパンデミックの実行犯が創価学会でした。

彼らは学会のためにした犯罪は犯罪ではないという思想をもち、全ての分野(政治・有力企業・行政・マスコミ・教育などなど)に創価信者、または創価学会関係者を配置して、彼らの支配する世界を構築しようと画策しています。

創価学会(=大本教)が世の中の悪の元凶であり、世界をどこまでも不条理な世界にしています。

Twitterで創価の闇がどんどん暴かれていますので、ぜひご覧になって見てください。

RAPTブログはこちら

TALK RADIO

RAPT有料記事

朝の祈り会、および有料記事のパスワードのご購入

長文、最後までお読みいただきありがとうございました。

拙い文章、大変失礼いたしました。

この場をお借りして、皆様のツイートを参照させていただきましたこと、お礼申し上げます。

ありがとうございました。m(_ _)m

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です