イルミナティの不幸な結末

前回は、横田基地周辺に集結している悪なる上級国民(=ユダヤ人)たちについて、お話しさせていただきました。

そんな福生(正確にはお隣の西多摩郡瑞穂町)に晩年まで在住していたシンガーソングライターの大滝詠一。

彼の死が、いかにも【イルミナティとの契約】としか思えないようなものだったので、今日はそのことをRAPT理論をもとに探っていきたいと思います。


大瀧詠一(享年65歳)。

若い方はご存知ないかもしれませんが、木村拓哉主演の月9ドラマ「ラブジェネレーション」の主題歌『幸せな結末』を歌っていたシンガーソングライターです。

当時、このドラマは大変ヒットし、それに伴って『幸せな結末』もミリオンセラーを記録しました。

ちなみに、「月9ドラマ」とは、毎週月曜日の夜の9時に放送していた(いる)ドラマのことで、日本の若者を恋愛至上主義へと誤誘導してきたドラマ枠とも言えます。

実際の曲はこちらです。

なんとなく聴いたことあるという方、結構いるかもしれませんね。

そんな大瀧詠一の作品や人生を調べてみると、ことあるごとに「りんご」が登場してきます。(上の動画もそうです。)

それも、意味深に。

主題歌になったフジテレビドラマ『ラブジェネレーション』のタイトルバックやドラマ本編で、随所に透明のガラスで作られたりんごが登場し、このドラマを象徴するものとなっていたようです。

フジテレビドラマ「ラブジェネレーション」のワンシーン
ユダヤ人たちは、恋愛ドラマなどを通じて、日本の若者を恋愛至上主義へと誤誘導し、愚民化(堕落)を画策してきました。ちなみに、このキムタク役は広告代理店(電通?)の社員だとか。

驚きなのが、大瀧詠一の死因。

「りんご」を喉に詰まらせて亡くなったそうです。

まさにイルミナティ絡みとしか思えない死因です。

何故なら「りんご」は、「悪魔崇拝者」たちがキリスト教の神へ冒涜の意味を込めて使うシンボルだからです。(特に性的な堕落の象徴として。)

詳しくはこちらのRAPTブログ記事にてご確認ください。

このような悪魔崇拝者たちの、キリスト教への幼稚なストーカー行為をみると、彼らがいかに低い次元で生きているのかがよく分かりますね。


イルミナティたちは、彼らの関わった事件や事故など(儀式殺人・契約による死・報復殺人とさまざま)の中に、自分らのコミュニティにしか分からない「シンボル」や「予告」を忍ばせます。(RAPT理論の登場により、これをヒントに悪巧みがどんどん暴かれるようになりました。)

大瀧詠一の死も同様です。

とはいえ、大瀧自身も福生に住み、かつイルミナティの重鎮・細野晴臣と一緒に「はっぴいえんど」という音楽グループで活動し、若いうちから成功を手に入れていますので、上級国民の血筋であることは間違いないでしょう。

つまり、彼の死は「悪魔との契約による死」である可能性が高いのです。

悪魔との契約とは、成功を手にする代わりに、親しい人の命や、自分の命を、悪魔(イルミナティ)に捧げることをいいます。

いわゆる生贄です。

彼の場合、「65歳で死ぬこと」と引き換えに、「シンガーソングライターとしての成功を手に入れる」という契約をイルミナティと結んでいたのかもしれません。

それを示す痕跡が、複数見つかりました。

こういう話をすると、まるでおとぎ話のように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、霊界の存在は支配層にとって常識であり、庶民にひた隠しにしてきた「奥義」でもあります。(詳しくはこちらになります。)

下の記事の中でRAPTさんは、イルミナティとの契約死をつげたプリンスが、最期どのような苦悩を抱え制作に取り組んでいたのか、作品の中に隠されていた「本音」を辿りつつ、丁寧に解説してくださっています。

悪魔との契約が存在しているということ、その現実を具体的に知ることができます。音楽界(芸能界)を見る目が変わると思いますよ。

(※こちらの「27クラブ」の記事も、悪魔との契約が実際に存在していることがよく分かります。)

プリンスの記事を読むと、どんなに大きな成功を手に入れたとしても、結局彼らの心の内は地獄だということが良く分かりますね。

せっかくの才能を、イルミナティや悪魔のために発揮しないといけないなんて、どれほどの不幸でしょうか。

イルミナティであろうとなかろうと、悪魔を神だと信じ込んでいるのなら、それはとても不幸なことです。

本物の神様がこんな悪を求めるわけありませんからね。

ユダヤ人が広めた神社仏閣の悪魔を神だと思い込んでしまっている多くの日本人もそうです。神社も生贄儀式の場でした。(詳しくはこちらこちら。)

本物の、義なる神様が喜ぶように生きることが、人間本来のこの上ない幸せなのです。

予告されていた死

大瀧詠一の死の謎を解く鍵は、他にもありました。

まるで彼の死を予告しているかのような曲の存在です。

下線に注目して下さい。

1972年リリース、歌詞は松本隆。

出典はこちら

「ぼくは林檎のにおいでいっぱいさ」とあります。

これはそのまんま、大瀧がりんごを喉に詰まらせて死ぬことを予告していると考えられます。

で、問題は「きみの髪がゆっくりと翻ったら」の部分。

この「翻る」の意味をよくよく調べてみると、「反対の面が出る」、「急に変わって反対になる」など、不穏な感じの意味が含まれていました。

で、実際、大瀧がりんごを詰まらせた時にそばにいたのが看護師の大瀧の妻だったわけですが、(詳細は下記のWikipediaをご覧ください)

歌詞の中の「きみ」が、この妻のことを指していたのだとすれば・・・歌詞の文脈とも合致します。

ここでWikipediaを見てみましょう。

転載:大瀧詠一Wikipedia

※中略しています。


大瀧 詠一、大滝 詠一(おおたき えいいち、本名:大瀧 榮一、1948年7月28日 – 2013年12月30日)は、日本のミュージシャン。

来歴
生い立ちと学生時代
岩手県江刺郡梁川村(現: 奥州市)生まれ母子家庭で育ち、母親が公立学校の教師だったため、小学校・中学校でそれぞれ転校を経験している。

1968年に早稲田大学第二文学部に入学。布谷を通じて交友があった中田佳彦から細野晴臣を紹介されて意気投合

1970年代
「ヴァレンタイン・ブルー」は翌1970年「はっぴいえんど」に改名し、アルバム『はっぴいえんど』でデビュー。

1997年には12年ぶりとなる新曲『幸せな結末』を発表。月9ドラマ『ラブジェネレーション』の主題歌としてミリオンセラーを達成。

65歳で急死
2013年12月30日17時30分頃、東京都西多摩郡瑞穂町の自宅で家族と夕食後のデザートにリンゴを食べている時に倒れ、救急搬送された。警視庁福生警察署などによると、家族は「林檎を食べていてのどに詰まらせた」と説明していたという。

救急隊がかけつけた時は既に心肺停止状態であり、病院に搬送後19時頃に死亡が確認された。死因は解離性動脈瘤とされた(報道では発症部位など詳細については発表されていない)。65歳没。

また、多くのスタッフ・関係者からの要望により、「A LONG VACATION」の発売日で、最期のアルバム「EACH TIME 30th Anniversary Edition」の発売日でもあった3月21日に「お別れの会」が執り行われ、一般参列者向けの献花台も設けられた。

お別れ会の場で、大瀧の妻から最期の言葉が「ママありがとう」だったことが明かされ、直後に意識を失い、チアノーゼも起こしていたという。救急隊の到着まで心臓マッサージを続けた(大瀧の妻は看護師だった)が、意識を取り戻すことがなくそのまま死亡したと臨終の状況が明かされている。

Wikipediaをみても・・やはり怪しいです。

発症部位などの詳細については曖昧なくせに、「りんご」を詰まらせたところだけは細かく説明されていて不自然ですし、喉にりんごを詰まらせて死にそうになっている人が「ママありがとう」と言えるでしょうか。

やはり、上記のあの歌詞は「大瀧の死を予告」していた可能性が高そうですね。

「イルミナティの契約死」は、死亡日時だけではなく、亡くなる方法まで予め決められている場合もあるのかもしれません。

どんなにイルミナティ(悪魔)に忠誠を誓っても、まったく「幸せな結末」にも「はっぴいえんど」にもならないということです。(←関連する名前がこんなばかりなのも何だか意味深。)

ヒットの裏にあった生贄

大瀧が亡くなったのは、『幸せの結末』のミリオンセラーから「6年目」の12月。

「6」という数字もまた、悪魔崇拝者が好む「悪魔を象徴する数」です。

詳しくは、こちらのRAPTブログでご確認ください。

他にも、大瀧の亡くなる月を予告しているかのような『12月の雨の日』(1974年リリース)という曲も存在していました。

歌詞を担当していた「松本隆」は、大瀧の「悪魔との契約」のことを知っていた可能性があります。

今でもCMなどに採用される大瀧詠一のヒット曲『君は天然色』(1981年リリース)の制作直前、「松本隆」は妹を亡くしています。

大瀧詠一と親しかったTHE ALFEEの坂崎幸之助が、そのときの状況をラジオ番組で語っています。(こちら、0:45〜1:40の辺り。)

そのトークによりますと、当時(1981年)大瀧が「今度の曲は売りたい」といって松本隆に歌詞を依頼。それを受けた松本が歌詞制作に入ろうとした直前に松本の妹が急死、といった流れだったようです。

これは、松本の妹の命と引き換えに「“君は天然色”をヒットさせる」という契約を、イルミナティ(悪魔)と交わしたのだと考えられます。

亡くなったタイミングや、そのあとのヒット具合からしても、生贄にされた可能性が高いです。

「大瀧詠一」も「松本隆」もお互いの「悪魔との契約」のことをよく知っていた仲だったのかもしれません。

下の曲がその『君は天然色』です。

近年になっても、「サントリー金麦」・「キリン生茶」などのCMソングにバンバン採用されています。

やはり、芸能界や音楽界で売れるには、必ず裏があるということです。

芸能界は、上級国民(ユダヤ人)の血筋ばかり。彼らは下級国民を洗脳するための工作員でした。こちらのKAWATAとNANAのRAPT理論で分かりやすく解説されていますので是非ご覧になってみてください。

数字に込められたカルト思想

Wikipediaより抜粋してみました。

  • 大瀧が亡くなった日・・・・2013年12月30日
  • 大瀧のお別れ会・・・・・・3月21日
  • 代表作のアルバム発売日・・3月21日
  • 最後のアルバム発売日・・・3月21日

見事なまでの「123」づくしです。(笑)

亡くなった日に至っては、123が2セットも入ってます。(RAPT理論を拡散してくださっている方が発見してくださっていました。)

当然、この数字には意味があり、亡くなる日を合わせたということ。

これだけ見ても、大瀧の死が自然なものでないことが分かりますよね。

この「123(ひふみ神示)」は、悪魔崇拝者たちが大変重要視している数字です。

詳しくはこちらのRAPTブログをご覧ください。

生長の家が起こした“事件”「JAL123便墜落事故」もまた、この数字が使われていました。

大瀧詠一は、大本教関係者か生長の家関係者だということです。

大本教や生長の家が、どれほど危険なカルト宗教かは、以下の RAPTブログとKawatanoBlogをご覧ください。

児童虐待、乱交、LGBT、生贄殺人、麻薬、凶悪犯罪、詐欺、戦争礼讃etc・・・

完全に狂ってます・・・もう、これ宗教とは言えませんね。

宮沢賢治との関係

また、大瀧詠一にはエスペラント語の変名がありました。

RAPT理論を拡散されている方々のツイートになります。

エスペラントとは、悪魔崇拝者たちが聖書の神様に反逆するためにつくった人工言語です。

悪魔崇拝者であるユダヤ人たちは、わざと聖書の教えと真逆を行い、神様に反逆することを大昔からやってきたような奴らなのです。(ユダヤ人についてはこちら

エスペラントについて、詳しくはこちらのRAPTブログをご覧ください。

また、上の記事にありますように、大瀧と同郷の岩手県出身、宮沢賢治(大本教関係者)は、エスペラントを使用していたそうで、フリーメイソンのメンバーだった可能性があります。

そんな宮沢賢治と、若い頃の顔がそっくりな大瀧詠一。

上級国民は、近親者同士で乱交をしてたくさんの子供をつくり養子に出すので、世間的には他人とされている著名者同士が、じつは、血縁関係であるということは決して珍しいことではないのです(詳しくはこちら。)

話が逸れてしまうかもしれませんが、ウド鈴木(山形県出身)も同じ系統のようです。
お笑界で活躍している人たちも上級国民の血筋ばかりであることがRAPT理論で判明しています。詳しくはこちら

また、大瀧と子弟関係のような「山下達郎」や「竹内まりあ」も、生長の家関係者でした。(こちらもRAPT理論を拡散されている方のツイートになります。)

左が大瀧詠一で、右が山下達郎。
三角形のピラミッドをつくっていますが、これは悪魔崇拝者たちが好むシンボルです。

また、大瀧はオウム真理教の麻原彰晃とも顔がよく似ています。

兄弟でしょうか。

現に、麻原彰晃の「オウム真理教」と、大瀧詠一と関係の深い「生長の家」は、裏で繋がっています。

詳細は、こちらの「KAWATAとNANAのRAPT理論」にてご確認ください。

オウム真理教の第七サティアンは、麻薬工場だったとも言われています。

そして、大瀧が住んでいた横田基地周辺も麻薬の無法地帯でした。

二人とも麻薬と密接なのは、彼らが悪魔崇拝者であり、麻薬は必需品だからです。(詳しくはこちら

(横田基地とオウム真理教、もしかして「麻薬」で繋がっていたのかもしれませんね。)


多くの人は、麻原彰晃のような“いかにも”な洗脳については警戒しても、大瀧詠一のような「心地いい音楽」の中に盛り込まれたカルト思想などについては、警戒するどころか簡単に受け入れてしまいます。というより、気がつきません。

根が全く同じ「悪魔崇拝」なのに。

音楽や映像などの文化芸術は、思ってる以上に、人の心(考え)に影響します。

生贄・乱交・ドラッグ・麻薬・人殺し・幼児への性的虐待・人肉食などを行う人たちから発信される文化・芸術・教えなどが、いいもののはずがありませんね。

世の中がおかしくなっていることと、悪魔崇拝者の文化芸術が世の中で幅をきかせていることは、まったく無関係ではないのです。

RAPTさんは、庶民に広く浸透している文化芸術の分野が、悪魔崇拝者たちに牛耳られていることを何度も記事にしてくださってきました。

多くの人がRAPT理論で、この世の本当のカラクリを学び、文化芸術の中に入っているカルト思想を見分けられるようにと願います。

心がホクッとする、KAWATAとNANAのRAPT理論チャンネル「東京の旅」動画です。是非ご覧になってみてください。

拙い文章を、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また、どうぞよろしくお願いします。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です