聖霊の記憶

2021年秋。

これまで、元創価信者だった私の母の人生について、何度かお話をさせていただきましたが、今日はその続きのようなお話になります。

こちらが以前の記事になります。

創価学会に人生を破壊された私の母の話 –人生の結末からみる幸せと不幸の法則–

この記事の最後に、また近いうちに新たに分かったことを証しますと、書いていますが、今回のお話のことです。

昨年、感動があり、今日の証を書こうと何度も挑戦したのですが、文章が書けなくなってしまい、今日に至ってしまいました。(時ではなかったのだと思います。)

大変遅くなってしまい申し訳ありません🙇‍♀️

神様は、私と母の親子2世代の人生の真相について詳しく教えてくださり、また神様の深い愛と、胸に刻むべき教訓を伝えてくださいました。


RAPTさんが、神様から地上天国の祝福をお受けになった昨年の8月、時代の転換が本格的に始まり、大変有難いことに自分の周辺でも霊的な状況が少しづつ良くなり、信仰生活がとてもしやすくなっていきました。RAPTさんの祝福の完全なおこぼれです。

そして、その時期から、それまで目が塞がれていた自分の過去のことや亡くなった母の人生の謎までもが、次々と分かっていったのです。

ちょうどその頃、Twitter上では、RAPT理論によって、創価学会の悪事や人脈が次々と暴かれていき、神様が御言葉の中で、創価学会の滅びを定めてくださった時でした。

(※現在進行形で、創価関連の人物や企業などのイルミナティが驚くほどのスピードで衰退しています。詳細はRAPT理論+αでチェックしてみて下さい。)

この御言葉を宣布してくださった時、神様が願いを叶えてくださった思い、神様とRAPTさんの真の正義に涙が流れ、心から深く感謝しました。

その頃から徐々に、母が創価学会によって殺された可能性が高いことが分かっていったのです。

私の幼い頃の遠い記憶が少しずつ蘇ってきたのもこの頃からでした。このようなことがお出来になるのは、神様のお力以外ないと思っています。

(この時まで幼い頃の辛い記憶がおぼろげになっていたことも、神様の愛ではないかと感じております。創価が入り込んで来てからの実家の不和は、幼い自分にとってトラウマとなるような出来事でした。)

そして、この流れで分かったことが、私が生まれるずっと前、母がクリスチャンだったということです。

このことも本当に驚きました…。

未熟ながらも私はクリスチャンになって4年ほど経つのですが、まさか母が若い頃クリスチャンだった時期があったなんて、これまで全く気がつかずにいたのです。

母が創価に殺された可能性があると分かり、実家と創価の関係を詳しく調べようと遺品などを探っていた時、母が読んでいたと思われる古い新約聖書が見つかったのです。

それをヒントに母の若い頃のアルバムをひっぱり出してみたところ、母は学生時代、カトリック系短期大学で保育を学び(寮生活だったようです)、卒業後は、クリスチャン系の幼稚園で数年間、教員をしていたことが分かってきました。

進んだ学校がたまたまクリスチャンの学校だっただけかもしれないと考えたのですが、聖書の表紙の裏や挟まれていた「しおり」に、母筆跡と思われる悟りのような祈りのようなことが書かれており、その日付などから計算すると、少なくとも7年は信仰を持っていたことが分かりました。

これを見たとき、創価と関わる前の、人を喜ばせることが好きな、不器用でしたが真っ直ぐな母の姿を思い出し、何か腑に落ちたような、少し嬉しい気持ちになりました。

と同時に、創価と関わって以降どんどん不幸になっていった母の晩年を思い出すと、やはり残念に思うしかありませんでした。(このことは身内として恥だと思っています。)


このことについて神様にお祈りすると、神様の悲しみが伝わってきて、涙が込み上げて止まらなくなりました。

確かに母は、神様の愛に触れ、喜んで生きていた時期があったのかもしれないと感じました。

忘れたいことだが、忘れない。神様のそのような複雑な心境が伝わってくるようでした。

そして、RAPTさんが神様の心に秘められた悔しさと悲しみを教えてくださった御言葉を何度も思い返していました。

🟠RAPT有料記事102(2016年9月12日)神様の心に秘められた悔しさと悲しみ。

あなたたちはもう二度とあなたの母親が行った道へは行ってはいけない。

神様はそう伝えてくださったと感じました。

神様は母のことをどれほどの思いで救ったのか。

人類の刑罰の期間だったとはいえ、救われたその手を離して、地獄の道へ行ってしまうことがどれほど神様にとって辛いことなのか。

これは母だけに限ったことではなく、サタンに騙されて、不幸へと堕ちていった人たちがたくさんいたということ。

絶対にもうそのような悲しみは繰り返してはいけない。

真理からズレたら、人の運命は必ず傾いていくということ。

神様は、母の人生から悟るべきことを深く悟りなさいと仰ってくださいました。

※霊界の存在、サタンの存在は、決しておとぎ話ではなく、サタンは神様のことを憎んでいて、神様が愛している人間のことを憎んでいます。サタンは霊界にいるので人間の目には見えませんが、常に神様と私たちの間を引き裂こうと霊界から働きかけていますし、サタンに主管された悪人を使って働きかけています。詳しくはこちら。


じつはこのようなことがあった後、これまでの信仰生活では体験したことがないような恵み深い明け方の祈りの時間を過ごすことができました。

神様がとても近くに感じられ、こんなにも愛してくださっていたのかと言葉にできないような感覚が伝わってきました。

これほどの愛があったのかと。こんな自分なのにこのような慰めを頂いたことが有り難くて仕方がありませんでした。このまま気絶してしまうのではないかと思ったほどでした。

聖霊を感じたことがなかったわけではないのですが、このような体験は初めてで、脳にも心にも霊にも体にも、自分の感覚全てに愛が伝わってくるようでした✨

聖霊は、目には見えませんが、漠然としたものではなく、確固たるものです。

この時期は、深い感動と嵐のような過去の記憶が私を埋め尽くしていました。

RAPTさんから分けて頂いた宝物、一生忘れられない体験です。

間違った真理では、救われない。

母は明らかに間違ったキリスト教の教理を学んでいました。

既存のキリスト教は、ほぼ悪魔崇拝者たちによって乗っ取られていることがRAPTさんによって暴かれています。

RAPTさんは聖書を40回以上通読、新約聖書は百回以上読まれていらっしゃいますが、現在の既存のキリスト教は、教理自体が歪められていて、中身がスカスカ、真理からかけ離れた状態にあることを、いろいろな角度から理路整然と解いてくださっています。

🟠 悪魔崇拝についての幾つかの考察(1)

🟠 悪魔崇拝についての幾つかの考察(2)

🟠キリスト教は悪魔崇拝者によって内部から破壊された。その歴史の詳細について。

母が学んだ学校はカトリック系だったようですが、カトリックも完全に悪魔崇拝者に乗っ取られており、教理だけでなく、組織もことごとく破壊されていることが分かっています。

🟠キリスト教がミトラ教から誕生したという大嘘。ミトラ教は悪魔教であり、悪魔崇拝者たちが悪魔教の要素をキリスト教に混入していったのです。

🟠偶像崇拝を強要し、輪廻転生はあると嘘をついた「釈迦」は、悪魔崇拝者だったのか。

聖書には「偶像崇拝は罪である」とはっきりと書かれてあるのに、カトリックにはイエスやマリアの偶像が置かれており、聖書とはまったくの真逆です。

実際、母のアルバムを見てみると、寮や校舎には偶像があちこち置かれており、聖書に挟まれていたしおりの文面からは、マリア崇拝の気配が感じられました。(マリア崇拝も悪魔崇拝由来です。)

キリスト教の内部に入り込んだサタンを拝む悪魔崇拝者たちは、キリスト教の教理をねじ曲げて、信者たちが真理を悟れないようにして、神様と人間が繋がれない方向へともっていき、本来のキリスト教の愛や本物の恵みが受けられない状態へとじわじわ誤誘導していくというわけです。

サタンは目に見えませんが、これが連中の手口です。

実際、カトリックは人身売買と幼児虐待を生業にする悪魔崇拝組織であることが判明しています。もう完全に別物ですね。

🟠仏カトリック教会の司祭ら3200人以上が児童に性的虐待 カトリックは人身売買と幼児虐待を生業にする悪魔崇拝組織

🟠バチカン、児童虐待で聖職者848人の資格剥奪。悪魔崇拝はバチカン中心に行われていた。

プロテスタント(日本基督教団)も悪魔崇拝者に乗っ取られていますし、イエズス会も中身は悪魔崇拝の組織でした。

 🟠キリスト教プロテスタントも悪魔崇拝者に乗っ取られている可能性大です。「日本基督教団」は在日・反日勢力と同一体でした。

🟠イエズス会と真言密教と浄土真宗と人肉食信仰「クロ宗」の奇妙な接点。フランシスコ・ザビエルを日本に招いた「ヤジロウ」から分かる悪魔教の現実。

しかも「日本基督教団」は大本教と創価学会によって設立された工作員養成所だったのです。ここでも大本教と創価が暗躍していたのです。

🟠「日本基督教団」は大本教と創価学会によって設立された、キリスト教を破壊する工作員養成所でした

RAPT理論で判明している通り、彼ら悪魔崇拝者たちは、キリスト教や宗教そのものを徹底的に破壊してきたので(カルトを作って悪さを散々してきたのも悪魔崇拝者です。創価・大本教・オウムetc…。)多くの人たち(特に日本人)は、宗教を毛嫌いしたり、宗教アレルギーになったりして、本物の神様に出会える機会がますます減ってしまいました。

そもそも、神様を否定する考えや、宗教そのものを否定する考え自体が、悪魔崇拝から来ていたのです。

支配層であるイルミナティは、人類を神様から引き離そうと、先祖代々ずっと工作してきたというわけです。

キリスト教は暗くて古臭いなんてイメージを持たれている方がいらっしゃるかも知れませんが、それは誤解です。

こちらは、RAPTさんのもとにいらっしゃる12弟子の皆さんの証ですが、皆さんいつも神様の愛に満たされ、心が平安と喜びに満ち溢れていることが分かるかと思います✨

🟠無神論では幸福になれない(十二弟子・ミナさんの証)

🟠本当の神様を信じて、心も体もみるみる明るく美しくなる喜びを知った(十二弟子・ミナさんの証)


🟠神様は私たち人間が望む幸せを惜しみなく豊かに与えてくださる(十二弟子・エリカさんの証)

12弟子の皆さんの証からも分かるように、RAPTさんの教えてくださる本物のキリスト教は、どこまでも恵みと希望が溢れていて、御言葉やRAPT理論は驚愕するほどいつも新しく、愛と力が詰まっており、重苦しい古い考えがどんどん消えていき、肉体も霊体も心も新しい自分に生まれ変わることができます。

有料記有料記事の中の御言葉(RAPTさんは神様から毎日のように啓示を受けられていて音声配信で聞くことができます。)は、人類史上最高の次元のもので、本当に貴重ですし、実践してみると、その恵みと愛をはっきりと実感することができます。

はっきり言って、本物の愛と正義と真理に出会えるのは、世界中探してもRAPTブログだけです!

事実、RAPTさんはこれまで誰も解けなかった聖書の封印を次々と解かれていて、RAPTブログの有料記事の読者の方は、難解で読みずらかった聖書を、はっきりと理解しながらスラスラ読まれているのです。

🟠この時代に神様の遣わす中心人物は、聖書の封印をすべて解く人だ。

🟠RAPT有料記事506(2020年10月17日)聖書の預言は全て、それが成就されるまでは誰も解き明かすことができない。そして、その預言を成就するのは主の使命者だから、主の使命者だけがその預言を解き明かすことができる。

🟠聖書に書かれた予言が、現在進行形で実現しているという驚き(十二弟子・ミナさんの証)

本物か偽物か、真理があるかないかは、あまりに大きな違いです。

しかも、この世の運命だけでなく、あの世での永遠の運命までも大きく変わってきてしまうほどに重大なことなのです。

 🟠本当の自由とは。本当の幸福とは。悪魔の作った偽物の宗教に騙されないために幾つか知っておくべきこと。

聖霊の記憶

いろいろと見えてきた中、改めて幼い頃を振り返ってみると、その記憶の中には、いつも見守ってくれていた存在(聖霊)の記憶がありました。

ベランダでひとりでお祈りした記憶や、願いが叶えられた記憶、いつも見守ってくれていた存在がいつしか離れてしまい寂しく思った記憶など・・・

神様が、母が信仰から離れた後も、必死に導いてくださっていたのだと考えると、すべてが繋がるのです。

つまり神様や天使天軍が、霊界から伝道してくださっていたのです。

大人になってからもそうでした。

弱っている時に限って、偶然とは思えないタイミングで心が救われるような出来事が起きたり、

ネットの総合掲示板で、イエス様のことが書かれてある聖句を偶然目にして深く感動していると、とても幸せな感覚になってきて、イエス様ととも日本の上空で花びらを撒くイメージが頭に浮かんだこともありました。

その後、聖書を読んでみようと当時使っていた携帯に無料の聖書アプリをダウンロードしたのですが、その携帯がちょうど壊れてしまい読まず仕舞いになってしまいました。ですが、当時はまだRAPTブログが誕生しておりませんでしたし、間違った聖書の解説本などを読んでしまう危険性があったので、携帯が壊れて正解だったと思います。

また私は、幼少の頃から津波の夢を3.11の震災が起きるまで何度も見てきたのですが、震災直前の夢の内容が、RAPTブログの一般記事の内容とピッタリだったということもありました。

他にもきりがありませんetc…。

のちにRAPTブログに出会い、このような過去の人生の不思議だった出来事や岐路を分けるような出来事が、聖霊の導きによるものだったと分かって、どれだけ感激したか分かりません。

神様は御言葉の中で、神様は私たちが神様に出会えるようにと、幼い頃から(先祖から)様々な形で私たちを導いてきてくださったと教えてくださり、

また、神様、聖三位、天使天軍(霊界にいる高次元の霊的な存在)は、これまでずっと命がけでサタンと戦い、私たちが救われるよう霊界から働きかけてくださってきたのだと教えてくださいました。

🟠神様を愛する資格があるのは誰か。本当の愛とは何か。なぜ主の前では多くのものを捨てなければならないのか。

🟠2021年7月27日(朝会)主に出会った人は、幼い頃から主に導かれてきた人だから、その人の心には必ず主が植え付けた夢や願いや希望がある。そして、その夢や願いや希望を叶えることが、あなたに与えられた御心だから、その御心をあなたの心の中から見付け出しなさい。

🟠聖三位も天使天軍もあなたを救うために血みどろの戦いをしてきたのだから、一生をかけて恩返ししなさい。

(※朝の祈り会、および有料記事のパスワードは、こちらで購入することができます。

サタンや悪霊は、私たち人間に悪い影響しか与えませんが、神様や天使たちは愛の塊なので、とても良い影響を与えてくださいます(その人に必要な戒めも含め)。

こうして聖霊の記憶を辿ってみると、そこにはいつも思いのこもった愛がありました。

強烈な宗教アレルギーだった私が、その障壁を乗り越え、神様に出会えたのは、霊界にいらっしゃる神様、御子様、聖霊様、天使天軍の皆さんが、地上にいらっしゃるRAPTさんと一体となり、霊界と地上界の両方から、救いの働きを成してくださったおかげだったのです。

汚れに汚れきっていた私なのに。本当に感謝しかありませんし、出会えたことが愛おしくて仕方がありません。

これは私だけに限った話ではなく、これを読んでくださっている方も同じで、

例え私のような不思議な体験がなかったしても、RAPTブログに出会えた方は、皆さん気付いていないだけで、聖霊に導かれている可能性が高いと言えます。

もし、RAPTブログ有料記事を購入することを迷われている方がいらっしゃれば、ぜひ一歩進んで欲しいと思います📔


母は人生の後半、創価から離れたあと、いくつもの無名のカルトを渡り歩いていた時期がありました。(高い仏像や置物を購入したりしていました。)

カルトの教理らしきものを、家で熱心にノートに書いて勉強しては、何かが違ったのか、また別のカルトを見つけてくるのです。

当時の私は、なんでそんなに色々と渡り歩いているのか不思議でたまりませんでした。

でももし仮に、母が若い頃、聖書の神様から受けた聖霊を一度は体験して知っていたのだとすれば、その愛の感覚を覚えていた母が、真理を求めて、あちこち渡り歩いていたとしても、不思議ではないなと思いました。(もちろんカルトには聖霊はいないです。)

RAPTさんは、「非真理のキリスト教の教会に行って(非真理を学び)、キリスト教はおかしいと一旦思ってしまったら、その先入観で、再び信仰を取り戻すのは大変だ」とおっしゃっていましたが、母もこの負のループにはまっていたのでしょうか…。

母はどうだったのか分かりませんが、いづれにせよ、非真理が蔓延していることは、本当に恐ろしいことです。

これは宗教の分野に限った話ではなく、RAPT理論で判明している通り、全ての分野・世の中全体の常識の中に、サタンやイルミナティが広めた嘘の知識や間違った考えが蔓延しており、じつは多くの人が苦しめられています。

🟠【常識を破壊せよ!!】この世の全ての常識は、大本教の宗教思想だった。

🟠RAPT有料記事545(2021年3月22日)世の中には間違った知識と愛しかないから、それらを手に入れても気が狂うだけだ。しかし、主の与える知識と愛は本物だから、それらを手に入れた分だけ幸せになれる。

神様のことを知らない人の霊はみんな神様の愛や真理を求めてさまよっているのです。

私たちの心を完全な愛で満たし、全ての面で最後まで私たちを幸せにすることができるのは、ただ唯一神様だけです。

🟠神様の愛は全てに勝る。人間が心のどこかで求めている本当の愛。

🟠RAPT有料記事177(2017年6月3日)主の愛で心が満たされるまで、主の愛を求めなさい。

(※朝の祈り会、および有料記事のパスワードは、こちらで購入することができます。


真理のなかった母は、サタンに騙されて、長い時間をかけてじわじわと不幸の道へいってしまいましたが、

結局は、本人が神様を正しく愛して、真理を見出さないと信仰から脱落してしまうということもまた真理なのです。

RAPTさんはいつも、神様のことを正しく知ること、実践することの重要性について教えてくださっています。(私自身、妥協してしまっているところあるので、これを絶対に治さなければいけないと思っています。)

だから、神様をどう愛したらいいのかをどこまでも詳しく具体的に教えてくださっているRAPTブログがあるこの時代は、本当に幸いな時代です。


神様は、できるだけのことをして母を救おうとしてくださいましたが、最後はあえてより厳しい環境におくしかなかったと思います。

私に母の不幸を見せなければ、私も母と同じ間違った道を辿ることになっていたかも知れないからです。

そうでなければ、私は人生を軽く考え、目に見えるものだけ見て、その奥のことを考えなかったと思います。

人生について、心について、深く考え、答えを探し求めました。

だから、底辺にいたのに、私はRAPTブログに辿り着いたのです。

母のしおりには、「教育者となってほしい」と願いのようなことが書かれてありましたが、まさに神様は、私たち親子を二世代分の時間を通して、正しい道へ行けるよう教え導いてくださったのです。

神様の厳しさは愛です。救いのためです。そしてその奥には深い悲しみがありました。

真の正義とハルマゲドンのこと

神様は、この現状をただ黙って見ていらっしゃったわけではありませんでした。

これまで、私たち人間が神様を信じたり、愛したり、御心を成そうとすると、サタンやイルミナティが邪魔をしてくるというのが常でした。

神様は、これを根本から解決されようと、何千年も前からこの歴史を計画され、全ての計画を丁寧に進めてきてくださり、今の時代、RAPTさんとRAPTブログを私たち人類に与えてくださいました。

そして、実際にRAPTさんは、サタンやイルミナティの秘密とその支配のカラクリを完全に解いて、連中を実質的に衰退の道へ追いやってくださったのです!

これまで人類が誰一人としてできなかった聖書の封印を完全に解くという神業をなしてくださり、人生のことも、神様やサタンのことも、霊界や地上界のことも、この世の全てのことが「分からないことがない」という人類史上最高の御言葉を、私たちに伝えてくださっています。

そして、神様は今年の6月から7月にかけて、ハルマゲドン(最終戦争)の戦いを決行され、人類史上ないほどの規模で霊界のサタンと戦い、全てのサタンを滅ぼして、地上の支配権をサタンから完全に奪い取ってくださったのです。

🟠RAPT有料記事577(2021年7月26日)ハルマゲドンはそれまでサタンに邪魔されてできなかった主の裁きの始まりだから、悪人にとっては暗黒であり、義人にとっては希望の光だ。

どれほど偉大な正義でしょうか!

RAPTさん、12弟子の皆さん、兄弟姉妹の心からの祈りを神様がきいてくださったのです。

そして、これまでの偉大な中心者たち、義人たちの血と涙の愛の積み重ねがありました。

何千年もの時を超えたこんな壮大な愛、どこにあるでしょうか。

こんな美しい愛、どこにもありません。

神様の愛はあまりに偉大で、あまりに熱く、全てを溶かします。

悪の支配を根っこのところからすべて吹き飛ばしてくださいました。

もうこれからの時代は、嘘の真理によって人生を彷徨い苦しむ人が減っていくはずです。

だからもう、神様を心から愛する人は幸せになるしかないということ。

聖書の歴史を締めくくる最後の使命者であるRAPTさんが生きていらっしゃる今のこの時代に生まれてこれた私たちは、人間の頭では考えられないほど凄い奇跡を見ているのです。

なのに、サタンの洗脳の中にいると、こんな凄いことが起きていても、素通りしてしまう。。。それは、あまりにもったいないことです。

霊界のサタンもイルミナティや創価も李家も、もう終わりです。

先日、コロナワクチンによる人口削減を実行しているイルミナティの核心人物であるビルゲイツが絞首刑になりました。

🟠ビル・ゲイツ、10月1日に絞首刑が執行され死亡 首の骨が折れず、最後まで苦しみもがいて死ぬ

何千年も前の約束を実現してくださろうとしている神様。

本当に偉大な神様です!

秋の空

母が読んでいたと思われる新約聖書の裏表紙には、

『秋空の美しい日 かいせいのもとで(?)昭和38年11月3日 〇〇○(母の旧姓)』と書かれてありました。(一部欠けていますが。)

じつは、これを発見した数時間後に、

RAPTさんが、インスタに東温の芸術的な夕焼けの空をアップされ、

「空の景色の一つ一つから、神様のその時々の心情を感じる。」との言葉を書いてくださっていました。

母は、聖書に記したこの日付の日、秋空の美しさを見ながら聖霊を感じていたのでしょうか。

2020年秋。

神様は今を生きていらっしゃって、私たち人間のことを昔から何もかもご存知で、RAPTさんは神の人で、霊界は繋がっている。

そう感じたタイミングでした✨

2020年11月の秋の空。RAPTブログに出会えたきっかけがケムトレイルでした。澄み渡った空をみると嬉しくなります。

埼玉は長年ケムトレイルが酷く、こんなきれいな青空の日が続くことなんて何年も見ていませんでしたが、この年(2020年)の秋空は、驚くほどにきれいでした🍁


本物の愛と真理を知ることができる奇跡。

私たちを創造してくださった神様はどんなお方なのか、私たち人間は何のために生まれ、生きているのか。どうしたら神様と愛を成せるのか、自分や人生を良い方向へ変えるにはどうしたらいいのか。

どこまでも詳しく具体的に知ることができるRAPTさんの御言葉が聴けることは、本当に貴重なことです。

神の人であるRAPTさんが地上にいてくださっていることは、神様の最大級の人類への愛です

🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂🍃🍂

やったつもりになって生温い信仰生活をしていた自分。今回この証を書きながら母の人生の教訓は、今こそ自分が肝に銘じなくてはいけないことだと強く思いました。

神様の愛(聖霊)と真理から少しも離れてはいけないということ。

1ミリもズレてはいけないということ。

神様の愛はかけがえがないということ。

神様をもう絶対に悲しませてはいけないということ。

改めて、ここでしっかり信仰生活を見直して、本当に神様に喜ばれることは何か深く悟って、御言葉に従順に、神様一筋、全力で愛せるようになるまで絶対に諦めることなくもがきます!

どうか神様、必ず自分を変化させて、神様に喜んでいただける働きができる者となれますように。

RAPT理論と御言葉がもっと多くの人のもとへ届けられ、世界中に広がり、一人でも多くの人がこの真理の御言葉に目覚めて、神様の恋人となり、世の中に真の愛と希望が満ち溢れますように。

この日本が本物のクリスチャンで溢れる日が必ずやってきますように。

この世から嘘の真理と間違った愛がなくなって、神様の愛と真理だけが満ち溢れますように。

兄弟姉妹が必ず最後まで信仰を守り抜いて、神様の恋人となれますように。

神様、御子様、聖霊様、天使天軍の皆さん、RAPTさんの偉大な愛と憐みに心から感謝いたします✨

12弟子の皆さん、兄弟姉妹の皆さんの熱い愛とご活躍に心から感謝いたします✨

こちらもオススメです💫

🟠RAPT有料記事284(2018年6月11日)我々人間がこの世に生まれてきた目的は、霊魂の救いと成長のためだ。

🟠霊はこの世に存在している。しかし、人々は霊的なものにどう対処すればいいか分かっていない。

神様から人類へのラブレター💌

🟠 RAPT有料記事177(2017年6月3日)主の愛で心が満たされるまで、主の愛を求めなさい。

🔘RAPTさんが伝えてくださっている神様からの啓示・御言葉は、RAPTブログの中の「有料記事」と「朝の祈り会」で拝聴・拝読できます。

RAPTブログはこちら。

朝の祈り会、および有料記事のパスワードは、こちらで購入することができます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

🍁🍁🍁追記(2021年11月16日)🍁🍁🍁

この証をアップした翌日は、神様と出会った日をお祝いする11月11日の祝祭の日でした。

この日もその後の数日間も、神様はケムトレイル一つない最高に澄み渡った秋空を見せてくださいました📷♫

神様、本当にありがとうございました✨

2021年11月11日の神様と出会ったことをお祝いする祝祭の日の秋空。
その次の日もまたその次の日も、目が奪われるほどに透き通った青空でした♫

−追記ここまで−

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です